• ホーム
  • 独身・既婚どちらも勃起不全は治療すべし

独身・既婚どちらも勃起不全は治療すべし

2019年08月25日
笑顔で親指を突き出している男性

勃起不全は人に相談できる悩みではありませんが、放置すると悪化し、完全に不能になってしまう可能性があります。
そのため、独身・既婚に限らず早期の内に治療してしまいましょう。
勃起不全の治療には専門科を受診します。
勃起不全の原因は一概ではないため、医師でないと根本的な原因を突き止めるのは難しいでしょう。
治療法には食事、運動、カウンセリング、内服薬などがありますが、いずれにしても内服薬の処方が一般的です。
内服薬とは、いわゆるED治療薬のことで、バイアグラ、レビトラ、シアリスのいずれかが処方されます。
使用に関して問題がないのなら、個人輸入で購入することもできます。
医師の処方箋は不要、病院よりも安く購入することができます。
ED治療薬の中で最もシェアが高いのはシアリスです。
3つのED治療薬の中では最後に開発されており、そのため従来の治療薬の問題点を解消しています。
例えば、食事の影響を受けにくいため、食前・食後のどちらでも服用できます。
また、持続時間が非常に長く10mgで20時間~24時間、20mgで30時間~36時間となっており、金曜日の夜の服薬すると日曜日の昼まで持続することからウィークエンドピルとも呼ばれているようです。
性的刺激を与えないと勃起することはないため、服薬したまま外出することは問題ではありません。
バイアグラやレビトラは持続時間が4時間~6時間と短かったため行為をおこなうためにはパートナーの協力も必要でしたが、シアリスでは持続時間が長くなったことでパートナーに内緒のままで服薬することができます。
こうした点も人気の一つでしょう。
ただし、医薬品ですので、用法用量を守って正しく使用してください。